Menu

業務用のメリット

App

一般用と異なる点

現代のビジネスにおいては海外と取引することも多く、日本語以外の言語も知る必要があります。しかし、外国語を知るには長い時間と経験が必要で一朝一夕で身につくものではありませんし、またマイナーな言語になるとさらに難しいものです。この点においてITが助けてくれるものが通訳アプリです。通訳アプリの仕組みとしては音声認識を使って相手の言葉を文章化して、それを機械翻訳して翻訳されたものを音声読み上げするというものです。以前は専用の機械を使った通訳機がありましたが、精度面などで使い勝手の悪いものでしたが、通訳アプリはスマートフォンやタブレットなどを用いて行うことができます。また通信することによりインターネット上のサーバーにある膨大な辞書から翻訳を行うので精度面でも高い通訳が可能になります。一方で通訳アプリは一般用にフリーウェアとして提供されているものも多く身近な存在となっていますが企業が使用するのであれば専用のものを使うのが最善です。通訳アプリはその性質上、会話内容を翻訳するためデータがサーバーに残るリスクがあります。またフリーウェアではウイルス感染のリスクもあります。この点で企業向けのものを使えば情報漏洩のリスクを可能な限り下げることができますし、不審な動きに関しても即座に検知することができます。このほか通訳アプリを企業内で作ることで社内で蓄積されるデータからより精度の高い翻訳がすることができるようになるメリットがあります。